無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

#65
【チクチク】sideあなた
MV撮影___

監督「…はい、カットー!次はー……」

カットがかかれば、
メンバーの元へメイクを直しに行くナナちゃん。

カメラ越し、モニターを見ながらの私は
ナナちゃんが壱馬に触れた時、目を逸らした。



壱馬「あなた?」

『はいっ、』

ぐるんと思い切り振り返れば、
至近距離にある壱馬の顔に驚いて後ずさる。

壱馬「ちゃんと見てたかこのヤロ」

『え?』

壱馬「俺頑張ったのになぁ」

『見てたよ!かっこよかった』

そ?って満足そうに笑う彼は楽屋のソファに寝転ぶ。

あの時、目を逸らしてしまったのは
ナナちゃんの気持ちを知ってしまったせいだ。

チクチクと、細い針で刺されるような感覚。

昂秀「胸痛いんすか?」

『はっ、?』

昂秀「あ、いや、押さえてるから」

『あっ…これね、ううん、べつに??』

そうですか、と
隣に置いてあったドリンクを取っていく昂秀。



……ナナちゃんに、言うべきなのかもしれない。