無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

#32
【お化け屋敷】side壱馬
お化け屋敷に入って早々に、ぐいっと袖を引っ張られる。

袖から視線をあげるとあなたが掴んでいて、耳打ちをしてきた。

あなた「あのさ、手つないでてもいい?」

やっぱり怖いのか、そう聞いてくるあなた。
やっば、なんかすげー…守りたくなるなこいつ。

『おう』

手を繋いでぎゅっと体を寄せてくる。
ふに、と柔らかいものが当たってる気がするけど…
あなたは真剣にびびってる(?)し
フザケたこと言えねーよな…。

高校生が作ったとは思えないほどのクオリティで
意外と怖い。

あなた「む、無理ぃいっ!」

『わ、お前っ走んなよ』

突然ぺたんと座り込んだあなた。
え、腰抜けたの?まじか。

後ろから北人と翔吾もくるし、ずっと座ってるわけにはいかないので背を向けてしゃがむ。

『乗って、おぶってく』

あなた「でも…」

『じゃあお姫様抱っこにする?』

あなた「それは嫌だ」

はいはい、と泣きそうになってるあなたをおぶってゴールした。

北人「らぶらぶだねぇ」

翔吾「おばけ役も驚きじゃない?壱馬の彼氏感に」

『うっせ笑』