無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

#52
【会いたい】sideあなた
パソコンとのにらめっこを終え、背伸びをした。
と、同時に鳴った電話。

相手は壱馬からだった。
もしもし、とそんなことを言う間も無く、唐突に。

壱馬「会いたい」

『うん、会いたいねぇ』

壱馬「お前、ほんとに思ってっかよ」

『思ってるよ。…全然、会えてないもんね』

壱馬「今、何してんの?」

すぐ近くで聞こえる壱馬の声。

あぁ壱馬も同じように会いたいって想ってくれてるんだ、と笑みがこぼれる。

『仕事終わって寝ようとしてた』

壱馬「今から寝るって、早いだろまだ」

そう言って笑う壱馬に、“そういえば”と思い出す。

『時差だよ、じーさ』

壱馬「ジサ?あぁ、時差…って、どこにいんの?」

『今ねアメリカにいる』

壱馬「はあ?!、、なんも聞いてねーけど」

『まあ忘れちゃってたから、滞在日数3日だし』

壱馬「……いつ、帰ってくんの?」

『明後日には日本だね』

へえ、とどうでもよさそうに返事をする壱馬。
でも、知ってるんだから。
ほんとは心配してくれてるって。

壱馬「…気をつけろよ」

『ふふっ、ツンデレ』

壱馬「うっせ」