無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

#56
【実感】side壱馬
陸「えっ!?え?なにしてんの?!」

健太「健太もハグしていいの?」

瑠唯&山彰「変態」

北人も翔吾も俺より先に抱きついてるし。
メンバーは引き剥がそうとパニックだし。

翔平「かっかか壱馬さん!何泣いてるんですか!」

陣「泣いてる?!なっなんやどうした!」

今日もランペは騒がしい。(一段と)

北人「びっっくりした!…壱馬のとこ行っておいで」

そう言って、あなたの背中を押した北人。
でも、あなたは少し距離を取って俺の前に立つ。

あなた「泣いてる」

『泣くわ。3年ぶりだし。意味わからんし。』

落ち着きを取り戻した楽屋に、
俺たちの会話が響く。

メンバーの前でどうにかこうにか抑えようと思っていたけど、やっぱりあなたに触れたくて。

気づけば距離を詰めて、あなた抱きしめる。
それはもう苦しいほどに。

『会いたかった』

あなた「そうだね」

『あっさりしてるな』

あなた「ずっと頑張ってるの見てたもん、
私ここで働いてたし」

さらりと言ったあなたに、もう驚くリアクションも残っておらず素直に受け入れた。

『あっそう(笑)』