無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

#53
【再会】side壱馬
陸「よし、じゃあ今日はここまでにしよ!」

陸さんがそう言って今日のボーカル練習が終わり、
みんなのいるスタジオに戻る。

慎「あ、壱馬さん。お疲れ様です」

『おー、慎もおつかれ』

そこから翔平とくだらない話をしたり、
山彰さんに新しい洋楽を教えてもらったり。


__コンコン、


RMPG「?」

陣「はーい」

ノックで入ってきたのは、スタッフ2人。
いつもお世話になっている人と、
その後ろでドアに隠れ、見えないけどもう1人。

ス「突然すみません、
今日から配属になった人がいるんで……」

陣「あぁ、全然!どうぞどうぞ!」

そう促されて入ってきたのは、







俺が会いたくてたまらなかった人だった。