無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#12
【ビーチバレー】sideあなた
斗真「お。2人とも早いな!」

壱馬「そ。朝から振り回されてんの」

『いーじゃん、楽しみだったんだから。
…おー!みんな来たじゃん!』

斗真と男子数名が来た後、理香たちも来て、
そこから一気にみんなが集まった。

理香「かき氷食べたの?」

『なんで分かるの?』

理香「それ(かき氷のお皿)と、あんたの舌が真っピンクだから。」

『あぁ!なるほど。美味しかったよ』

そう伝えると呆れた顔をされた。
それからバレーのグループを決めて、
私はCグループで、理香はA。
ちなみに、壱馬と北ちゃんと翔吾はDだった。

『なんでそこの仲良し組は一緒なの?私は?!』

壱馬「知るか、うるせえ(笑)」

北人「俺もあなたとが良かったぁー。」

2人で泣いたふりをするとみんなに爆笑された。
壱馬に限っては氷のような冷たい目で見てたから。

翔吾「壱馬を敵にしたくない(スポーツになると運動神経発揮してめっちゃ怖いから)」

『翔吾……わかる。』

壱馬「(なんだこいつら)」

理香「あなたー!早く着替えてこよー」

『おー!忘れてた!じゃ、あとで!』