無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

#18
【お誘い】sideあなた
北人「っはぁ〜…疲れたあ」

翔吾「まだ1教科目だし、明日大丈夫?笑」

『意外といけた』

翔吾と答え合わせをしていると、
北人がぼーっと頰杖をつく壱馬を見て悪い笑みを浮かべる。

北人「えい」

壱馬の腕を押してバランスを崩そうとする北人。

壱馬「なんだよ笑」

一瞬バランスを崩しかけたけど、
相変わらずクールに返事をした壱馬。

翔吾「もしかして、、数学できなかった?笑」

北人「え?まじ?!」

壱馬「嬉しそうにすんなよ笑」

このあと、次の教科が英語だと知った北人はテンションだだ下がりでした。



なんとかテスト2日目も乗り切り、昼休みに入った時、理香に呼ばれて廊下に出る。

すると、そこには先日壱馬を呼んだあの子が。

「あなた先輩!前から話してみたかったんです!
…一緒にお昼どうですか??」

嬉しくて、いいよ!と返事をして壱馬たちに伝える。

屋上で食べるみたいで着いていこうとすると、理香に腕を掴まれた。

理香「なんかあったら絶対連絡して」

なんもないよ、と笑って言ったけど理香のあまりに真剣な顔に、不安が残った。