無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

#37
【変わらずに】sideあなた
視界いっぱいの壱馬の綺麗な顔。
優しくて、柔らかい感触にぼーっとする。

キスされてるんだ、私

そう理解したところで、
ここが体育館の舞台だったと我に返る。



北人「やっと付き合った笑」

翔吾「俺も安心した笑」

理香「でもあんたら2人は相変わらずマイペースね」

斗真「俺壱馬が“バイバイ”って言ったとこ爆笑したもん、あのクールなテンションでw」

悠人「あなたは返事“うん”だしな」

蒼「あと悪口だった(笑)」

「おめでとう」より先につっこまれてるんだけど。
…まぁ、変わらない雰囲気が一番嬉しいけどね?

『あれ、なんで途中…壱馬私の番って知ってたの?
しかもマイク持ってた』

壱馬「斗真に聞いた、あなたがどっかいったあと」

にやにやと笑みを浮かべる斗真。・・はめたわけね

理香「怒んないでよ、壱馬だって好きって気づいてくれたんだし」

壱馬「?…お前まさか俺のこと挑発したのも…」

斗真「あの時ね、ほんといい仕事したよね」

壱馬「うわ、うざ」

北人「言葉は悪いのに口元緩んでるからね?」

壱馬「うっせ、言うなよ」