無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

#15
【男子トーク】side壱馬
_ピッ、ピッ、ピーー!

20点先取のゲーム。
なかなかいい勝負で最終スコアは18-20。

北人「やったねー!!」

翔吾「よっしゃ!疲れたー!」

『俺らの勝ち。いい試合で楽しかったな』

あなた「悔しー!でも最高だね」

応援してくれてたみんなの盛り上がりも最高潮で、3位決定戦と決勝をする前に休憩を取ることになった。



北人「翔吾、それ一口飲ませて」

翔吾「いいよ〜、はい」

斗真「つーかさ、海最高だな。」

悠人ゆうと「水着姿の女子も最高だし、」

そう「高校最後の夏を青春してる!ってカンジ?!」

右隣には翔吾からラムネを受け取る北人。
左隣にはゴーグルを頭につけてビッショビショのまま隣に座り、子供のように海を満喫している斗真。
そしてその斗真の隣には女子の水着姿をガン見して目で追いかけている悠人。
1人海に向かって叫ぶ蒼。

『・・うん。お前ら退け?暑苦しいから』

ったく、こんなぴったりくっつく意味が分からん。
…蒼は論外。

斗真「まっちーのことが聞きたくてっ?」

『分かったからその言い方やめろ、上目遣いも』