無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

#55
【初めまして?】side壱馬
いやいやいや…は?

あなたがいる嬉しさと、
メンバーがいるから感情を抑えなきゃいけないのと、
やっぱり何でマネージャーとしてここにいるのか
不思議で。

だけどそんなこと気にせず挨拶してるあなた。

幻でも見てるみたい、会いたすぎて

あなた「配属は決まってたんですが、
数週間前に“project taro”の現地ミーティングに
通訳で行くことになって、遅れてしまったんです」

陸「すごいね、英語話せるんだ!」

陣「待って待って、まず自己紹介せな!」

LIKIYA「あ、そうか(笑)
じゃあ俺から。リーダーのLIKIYAです」

陣「同じくリーダーの陣です!」


……うん、何だろうこの疎外感。

そうは思っても言い出せずにメンバーの挨拶は進み
俺ら3人に順番が回ってくる。

にこにこと、楽しそうなあなた。

やばい。俺泣きそう。

あなた「はじめまして、町田です!」

はじめまして?
あぁむかつく、ほんま楽しそうに言いやがって。

でも、嬉しい。超嬉しい。

『っ…ほんま、何やってるん…アホ…』

やっば、視界ぼやける。