無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

#62
【メイクさん】sideあなた
『えっ!そうなんですか?寂しいな…』

茜「あはは、嬉しい!まぁでも少しの間だよ!」

『頑張ってくださいね、待ってますから!』

____________
______

というやり取りが数日前。
仲良しのメイクさん、茜さんが産休をとることに。

『半年間くらい担当が変わるって言ってました』

北人「ねえその人メイク早い?!」

翔平「茜っちみたいな人だったらいいなー」

陣「お前ら遠征でギリギリまで寝てたいだけやろ」

へへ、バレた!と陣くんから逃げ回る2人。

茜さんはベテランだからなぁ…
新しく来る子はたしか2年目…?だったはず。

まあしっかり翔平には早起きしてもらいますけどね

翔平「やっべぇ。あなたの目が据わってる」

『ちゃんと起きてね』

翔平「はぁーい」

『そこで笑ってる昂秀もだからね?』

昂秀「、、ハイ」

これから会うメイクさんに、
仲良くなれるかな、と心を弾ませながらスタジオへ。

まさかこの先、
私と壱馬の大喧嘩が待っているとも知らずに。