無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

#44
【それぞれの道】sideあなた
クリスマスパーティー(at壱馬の家)で壱馬の部屋に入った時、机の上にあった資料が見えてしまった。

あの時は、ああ離れちゃうんだ、って思ったけど、
壱馬の夢を叶えてほしい。

北ちゃんも翔吾も、みんなそれぞれ。


そう伝えると壱馬は驚いた顔をした。

壱馬「遠距離だよ?」

『でも、お別れじゃないでしょ』

壱馬「…だな」

『安心した?』

壱馬「うん、色んなこと考えた…離れるの、辛いし」

珍しく壱馬が素直になってる。
なんか可愛いなぁ、しゅんってしてる。

東京かぁ…うんうん、大都会だよ。
人混み嫌いな壱馬は大変だ。

『人混みに負けないでね』

壱馬「…はあ?何の心配してんの?」

『壱馬だよ、もちろん』

そうは見えねーけど…とじろじろ見られて、
逃げの体制に入る。

壱馬「逃すか、ばーか」

後ろから抱きしめられる状態でつかまった私は抵抗。
まあ、無意味でしたけど。


壱馬「ずっと好きだよ」

不意に耳元で言われ、心臓が飛び出そう。

『わ、私も好きだよ//』

壱馬「ふはっ、噛んでるし」

向き直り、チュ、とおでこにキスを落とした。