無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

603
2019/12/24

第4話

過去
2年前。
私が11歳の頃
私は町へ出掛けて家に戻った
そしたら家の中は誰かに荒らされたかのようにぐしゃぐしゃで
血まみれで
家族はみんな死んじゃってて
お姉ちゃんも
妹も、お母さんもお父さんも
誰だがこんな酷いことしたんだろう
あなた
あなた
誰なの…
あなた
あなた
こんなことにした奴は…(グスッ…
あなた
あなた
許さないから
ハル
ハル
僕はハル、君は?
あなた
あなた
誰…?
あなた
あなた
わたし…?
あなた
あなた
あなた
あなた
あなた
星宮 あなた
ハル
ハル
僕があなたの家族を殺した奴教えてあげる
あなた
あなた
…!!
ハル
ハル
『鬼』だよ
ハル
ハル
その鬼はねとっても強い『無惨』って鬼なんだぁ
あなた
あなた
私の家族は…!
ハル
ハル
そいつを殺せばその心の重さも軽くなるよ
ハル
ハル
そいつを倒すために、強くならなきゃ
あなた
あなた
でも…どうやって…(グスッ
ハル
ハル
僕と一緒に強くなろう
ハル
ハル
僕の屋敷に来なよ、女の子もいるよ
あなた
あなた
女の子…?
あなた
あなた
…?
ハル
ハル
君と同じで鬼に家族を殺されてるんだ
ハル
ハル
強くなれるかい?あなた
あなた
あなた
コクッ…
強くなって『鬼』を倒す
ハルの家に行くと女の子が居た。
私より5つ上だそうだ
ハナ
ハナ
誰…あなた
あなた
あなた
星宮あなた
ハナ
ハナ
あなた…
ハナ
ハナ
これからよろしくね…あなた。
あなた
あなた
ハナさん…ハナ姉さん…
ハナ
ハナ
それでいいわ…
ハル
ハル
二人には毎日きつい練習に耐えてもらうよ?
あなた
あなた
…コクッ…
ハル
ハル
辛いけど頑張ってね♡
そこから毎日辛い練習が始まる
やっとハルにぃに認めてもらった
最終選別もハナ姉さんと突破した
あなた
あなた
これからは別の道を歩むってなると悲しいね
ハナ
ハナ
そんなこと言ってる暇なんて私達には無いの。
ハナ
ハナ
さっさと無惨を倒すのよ
あなた
あなた
うん…
ハル
ハル
あなた、ちょっといい?
あなた
あなた
なに…?ハルにぃ
ハル
ハル
きっとハナは無惨の血を与えられて鬼になる
ハル
ハル
僕にはその未来が見える
あなた
あなた
うそ…!
あなた
あなた
冗談キツイよハルにぃ…
ハル
ハル
ホントだ…。
ハル
ハル
もしハナが鬼になった時は僕は腹を切って死ぬ
ハル
ハル
そしたらあなたはハナの首を切るんだ
あなた
あなた
なにがあっても……?
ハル
ハル
あぁ
あなた
あなた
わかった…
これは『捨てる記憶』_。