無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

267
2021/10/21

第4話

3.
俺達は家を出て、大きなめなデパートに着いた
でも、着いちょっとしかたってないなのにトイレに行きたくなってしまった
ヒョンジン
ヒョンジン
リクス、ごめん。ちょっとだけここで待ってて。絶対動いたらダメだよ?絶対だからね!
フィリックス
フィリックス
😅👋
リクスは苦笑いしながら手を振った
男
ねぇ、そこの君
フィリックス
フィリックス
男
かわいいね、よかったら俺とお茶しない?
フィリックス
フィリックス
☁️え、嫌だ!
フィリックス
フィリックス
😰
男
そんな顔すんなよ。な?早く来いよ!
ヒョンジン
ヒョンジン
おい!
男
!!
ヒョンジン
ヒョンジン
お前何やってんだよ。人に迷惑かけやがって…あ?
男
ひぃっ!す、すいませんでしたぁぁぁぁ!
男は逃げていった
ヒョンジン
ヒョンジン
リクス、大丈夫?何もされてない?怪我してない?警察行く?それとも病院いく?あ、念のため絆創膏貼る?
とめちゃくちゃ心配してきた
フィリックス
フィリックス
😢
リクスは泣いた
ヒョンジン
ヒョンジン
え!!!!リクス!大丈夫なの!やっぱり怪我してるんじゃないの!!
でも違うよと言いたげな顔をしてた
ヒョンジン
ヒョンジン
ホントに大丈夫?
フィリックス
フィリックス
コクッ😥
ヒョンジン
ヒョンジン
良かったぁぁぁ
ヒョンジンは力を込めて優しくフィリックスを抱いた
ヒョンジン
ヒョンジン
俺、お前に何かあったら死ぬかと思った。でもよった。無事で。
フィリックスもヒョンジンの背中に腕を回した
ヒョンジン
ヒョンジン
次は置いていかない。約束する。
と言って、フィリックスの可愛らしい唇にキスをした







どうも、作者です。
今後から、ピリちゃんの考えを加えます。☁️です
覚えといてくださいね。