無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

359
2020/08/21

第17話

16




あなた「ねぇ、もう辞めてよ。」















 僕はびっくりした。


 あいつが少し涙目で声をあげたから。


 あいつのことではないのに。


 僕のことなのに。






あなた「みんな、楽しい?笑」


    「これから私もやったあげよーかなぁ?笑」


    「影で笑ったりぃ、机に悪口書いたりぃ笑」


    「想像しただけで笑っちゃう笑」
















 教室が冷たい空気に覆われた。


 涙目で言うことではない。


 僕は思った。


 少し強い味方を持ってしまった、


 と。