無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,072
2018/07/15

第7話

No,6
~~~~~またまたユンギオッパとグクのところに行ったあなた~~~~~
あなた
あなた
グク〜ユンギオッパ〜
グク
グク
なぁに〜💕あなた〜💕
あなた
あなた
あのねー、テテにライオンのぬいぐるみもらったの!
あなた
あなた
かわいいでしょーーー
ユンギ
ユンギ
(テテもうあなたにアピールしてるのかよ)
グク
グク
(あなたのほうがかわいい💕)
グク
グク
そうなんだ!良かったね〜
ユンギ
ユンギ
あなた、マネージャーは出来そうか?
あなた
あなた
頑張ってみるよ!まだ、慣れないと出来ないことも沢山あるかもしれないし、沢山迷惑もかけると思う。こんな私だけど、よろしくお願いします!
ユンギ
ユンギ
そうか、困ったことがあれば俺達に頼れよ
グク
グク
困ったことがあったらなんでも言ってね!
あなた
あなた
うん!ありがとう!ユンギオッパ💕グク💕
そしてごま油を買いにいったジンオッパ帰宅
ジン
ジン
ただいま〜!
あなた
あなた
あ!ジンオッパ💕おかえり!!
あなた
あなた
すごいごま油の量だね、、、
ジン
ジン
うん!安かったからいっぱい買ってきちゃった!
あなた
あなた
入れすぎない程度にね笑笑
ジン
ジン
気をつけます笑笑
あなた
あなた
じゃあ、私はテテに呼ばれてるからテテの部屋行ってくるね!
グク
グク
あ!ちょっと待って!あなた!
後で俺の部屋に来て((小声))
あなた
あなた
分かった((小声))
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ユンギ
ユンギ
(絶対今グクあなたを部屋に呼んだよなやっぱりもやもやする。恋ってこういうことなのか、、、)
グク
グク
(テテにあなたを取られてたまるか!
後であなたが僕の部屋に来たらデートにさそうんだ!!)