無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

936
2018/07/16

第16話

No,14
今日は仕事がユンギオッパ以外午後にあるので、朝起こしに行きませんが、あなたちゃん、暇なのでユンギオッパの部屋へ向かっています
あなた
あなた
(ユンギオッパ、構ってくれるかな?)
あなた
あなた
((コンコン))ユンギオッパ?入ってもいい?
ユンギ
ユンギ
zzZ
あなた
あなた
ん?返事が無いなぁ、ちょっと入ってみよ
ガチャ
あなた
あなた
え!?
大丈夫?ユンギオッパ
そこには、汗をだらだらにかいて顔を真っ赤にして寝ているユンギがいました
あなた
あなた
え!嘘!熱?
体温計をもって熱を測ってみると、、
あなた
あなた
38°6、高熱じゃん!
ユンギ
ユンギ
んんっ!誰か、たすけ、て(寝言)
あなた
あなた
ユンギオッパ、夢でも、苦しんでるんだ
あなた
あなた
テヒョンオッパーーーーー、大変!!
テテ
テテ
どうしたの?あなた?
あなた
あなた
ユンギオッパが高熱出して、苦しんでるの!
ユンギ
ユンギ
あ、あなたか、俺は大、丈夫だか、ら、きにす、るな
あなた
あなた
ダメだよ!ユンギオッパ!今日仕事ないのユンギオッパだけなんだから!
あなた
あなた
家にユンギオッパ1人だけ残していけないよ
テテ
テテ
あなた、今日はここに残ってユンギヒョンの看病をしてあげて!こっちは大丈夫だから!
あなた
あなた
うん。分かった
あなた
あなた
グクオッパにごめんねって、言っておいて
テテ
テテ
分かったよ
あなた
あなた
ユンギオッパ、冷えピタ貼るね
ユンギ
ユンギ
うっ、冷た!
あなた
あなた
一瞬だけでしょ!
テヒョンはユンギの部屋から出ました
テテ
テテ
(今日、午後の仕事の時、あなたがいなかったらグク、やばいことになりそう)
テテ
テテ
まぁ、しょうがないよな
テテ
テテ
((コンコン))グク?入るよ?
グク
グク
テヒョニヒョン!どうしたんですか?
テテ
テテ
今、ユンギヒョンが熱を出してて、その看病をするから今日の午後からの仕事はあなた来ないんだってー
グク
グク
えーーーーーー(┯_┯)やだよー、ユンギヒョンだけずるい!
テテ
テテ
そんなこと言っても熱を出してるんだから、しょうがないよ、
グク
グク
うん。分かった。でも行く前にあなたにハグしてもらってから行く!
テテ
テテ
僕も!
~~~~~そのころユンギとあなたは~~~~~
ユンギ
ユンギ
あなた、こっち、来て?
あなた
あなた
うん。ユンギオッパ何?
ユンギ
ユンギ
ごめんな、俺のせいで、
あなた
あなた
ううん。明日は仕事あるんだし、きちんと治さないと。
あなた
あなた
お粥作ってくるね!
((あなた部屋を出る))
あなた
あなた
お粥早く作ってユンギオッパに食べさせてあげないと!
グク
グク
あなたーーーーー
あなた
あなた
どうしたの?グクオッパ
グク
グク
今日の仕事来れないってほんと?
あなた
あなた
うん。ごめんね。ユンギオッパが熱出したから
グク
グク
しょうがないよね。その分明後日のデートのときにいっぱいラブラブするからね?
あなた
あなた
うん。
お粥完成







お粥完成で終わっちゃってごめんなさい笑


どうですか?初めて書くのですごく下手だと思いますが、許してください!