無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

💙💗×先輩










ある高校で

















流星side








女子達
キャー!流星センパーイ〜♡
藤井 流星
💭うわ、またや💦‬
藤井 流星
お、おう(少し手を上げる)
女子達
キャー!かっこいいー!
女子達
え、誰に手振ったの?
女子達
私に決まってる〜笑
女子達
いや、私!笑
藤井 流星
💭誰にも振ってねえし・・・





今日も自慢じゃないけど

横を通る女子全員が俺の事を見ていく、



小瀧 望
よぉ!相変わらずモテモテやなぁw
女子達
キャー!

望センパイおはようございます〜!
小瀧 望
おはよ〜笑

(みんなに笑顔で手を振る)
藤井 流星
(小声で)全部望の方へ

行けばいいのに・・・





望が来たことで、みんなは

通り過ぎるどころか、

どんどん周りに集まってきた、













俺は、どうにか逃げられないかキョロキョロした

すると、俺たちに見向きもせず

1人で歩く女子を見つけた

黒髪美人で、きっとメガネがなければ

相当な美女やと思う、

俺は軽い一目惚れをしたらしい、









小瀧 望
(小声で)流星何ニヤニヤしてるん?
あなた
(小声で)え、ニヤニヤしてた?笑

まあええわ、あれ、見てみ、

(女子を指さす)
小瀧 望
(小声で)へーぇ、めずらしw

こっちを見向きもしない、

おもしろいやつやなぁ、
藤井 流星
(小声で)いや、ふつうにあの子

かわいかった。
小瀧 望
はあっ!?
女子達
えぇ、どうかしましたか?
藤井 流星
(小声で)おい、笑
小瀧 望
(小声で)ごめんて笑
小瀧 望
いーや、何も!

あ、そういえば俺、

今日の宿題終わってへんから

誰か教室で見してやー笑
小瀧 望
(小声で)あの女リサーチしとくな、笑

めずらしく流星が

そんな気になるんやから、

がんばれよ笑
藤井 流星
(小声で)どうやろな笑









そのころ、あなたside










あなた
はーくしゅん!

あーぁ、誰かうわさしてんの、?
あい
なんしたなんした笑
あなた
なんかね、笑

あ、今日そういえば朝から

あのお二人さんが囲まれてましたよ笑
あい
やっぱり?

かっこいいもんねぇ、
あなた
そう?
あい
ほんとにあの二人のこと

かっこいいって思わないの?
あなた
うん、普通じゃ?

まぁ、男子に興味ないし、









廊下には








小瀧 望
💭うわ、ほんとに俺らに

全く興味ないんや、

あんな可愛い顔してんのにな、

ちょ、俺も気になってきた・・・

どーしよ💦‬
あい
ね、あの身長高い男子って

望先輩じゃない?
あなた
あ、そーなの、
あい
ちょっと行ってくる!
あい
望センパイですよね?
小瀧 望
お、おう、

(この子いまあの子と一緒に

おった子やん、💦‬)
あい
どうしたんですか?
小瀧 望
今、女の子探してん!

で、その子を今見つけてん!
あい
え、どの子ですか?
小瀧 望
今一緒にしゃべってた子

なんやけど・・・、
あい
あー、あなたですね笑

可愛いですよ、笑

連れてきましょか?
小瀧 望
あ、ありがとさん!
あい
(コソッと)あなた〜、望センパイが

ちょっと用事あるって💦‬
あなた
え、うそ、

💭え、なに、私朝から

なんかしたっけ、💦‬
あなた
💭あー、女子からの目線が痛い〜
あなた
あの、何か用ですか、
小瀧 望
あのさ、今日ちょっと放課後

屋上に一人で来てほしいんやけど、
あなた
分かりました、

もう早く帰った方が

いいかもですよ苦笑
小瀧 望
え、なんでなん?
あなた
またクラスの女子から

囲まれますよ苦笑
小瀧 望
あ、ありがとな!笑

んじゃ、また放課後!






あーあ、どーしよ笑










望side




小瀧 望
ほんとにあの子可愛かったわぁ、

友達の子も美人さんやったし、

やっぱり美人には美人が

集まるんやなぁ、






廊下で流星を見つけて




小瀧 望
流星ー!
藤井 流星
ふわぁ、なんやぁ、
小瀧 望
お前また寝とったんかい笑
藤井 流星
だって眠かったんやもん、
小瀧 望
まあええわ、お前が気になっとった子

あなたちゃんって言うみたいやで、
藤井 流星
ほぉ、
小瀧 望
今日の放課後屋上に

一人で来てって

呼び出しておいたから笑
藤井 流星
さすが望やわぁ、
小瀧 望
(コソッと)俺もあなた狙うから
藤井 流星
はあっ!?
小瀧 望
だって可愛ええやん、
藤井 流星
いや、可愛ええけど、
小瀧 望
ま、そういうことで!

(逃げ去る)
藤井 流星
え、ちょ!

逃げられたわ笑

























放課後になって

















あなたside








あなた
はぁ屋上に呼び出されるとか

ほんと怖いんやけど笑





屋上への扉を開けると

2人の男子生徒の姿が見えた










藤井 流星
おぉ、来た、
あなた
え、流星センパイ?
あなた
望センパイ!どういうことですか?
小瀧 望
え、言ってなかったっけ笑
小瀧 望
ごめんごめん、笑
小瀧 望
まあええわ、さっさと本題に入るで、
藤井 流星
俺らな、お前に一目惚れしてんねん、

俺と付き合ってください、
小瀧 望
俺も一目惚れした、

俺と付き合ってください
あなた
はい!?
あなた
い、いや、私まだ

センパイのこと全然知らないし・・・
藤井 流星
そっか、
小瀧 望
そしたらな、

(流星を見てニヤッとする)
藤井 流星
俺たちのどちらかで、

(望を見てニヤッとする)


ツイン:卒業までにお前のこと落としてやるよ笑


あなた
///





私の青春(アオハル)は先輩達に

振り回されそうです・・・・・・!?
















以上です!

どうでしたか!?

更新このごろ遅くてすみません💦‬

いつも♡やフォローありがとうございます〜!

作者はリクエストほしいなーって思ってます、

どなたか何かありません〜?

作者めっちゃ悲しいです・・・、

ほんとお待ちしてますね、