無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

💗×彼女 request










私、小さいころに耳が病気で聞こえなくなって、

LINEで彼氏さんとおしゃべりしてます笑

話したり聞いたりすることは昔はできていたから

実際話すことはできるけど、

声の大きさの調節とかが分からなくて

ほぼ筆談とかLINEとかでお話してるの、

私は口の動きでなんとなくくらいなら

なんて言ってるかわかるけど

大変やろ?って言って

望が文字を打つのが大変になるのに

いつもLINEとかで会話してくれてるの、






あなた
”今日の夜ご飯のリクエストある?”
小瀧 望
”んーと、あなたがいい”
あなた
Σ(///□///)
小瀧 望
”ふは、うそ笑”
あなた
”うわ、だましやがった笑”
小瀧 望
”怒るな怒るな笑”
あなた
”( *¯ ³¯*)”
小瀧 望
”何?キスしてほしいん?

キスしてほしいんやったら

こっちおいで、”

(望が座ってる

ソファの隣を指す)
あなた
(望を見て望の方へ歩いてく)
あなた
トスッ(移動して座る)
小瀧 望
ふふ、ええ子(口パク)
小瀧 望
ちゅっ(キスする)
あなた
ふふ、ありがと(口パク)
小瀧 望
”やっぱりまだ自分の声は

出したくない?”
あなた
(ゆっくり頷く)
小瀧 望
”俺の前とか少しずつやな笑

無理してもしゃーないし笑”
あなた
”ありがと”
小瀧 望
”そういえばもうすぐ

ライブやなぁ!”
あなた
”ほんと!楽しみ!”
小瀧 望
”曲は聞けへんけど

歌詞で楽しんどるもんな笑”
あなた
”だってWESTの歌詞は

世界一だから笑”




私はライブでもちろん歌は聞けないから、

関係者用の所に座らさせてもらって、

スクリーンに映る歌詞とみんなの笑顔で

いつも楽しんでいる、
























ライブ当日になって















ざわざわ





あなた
💭なんかみんないつもと違う?





すると、いきなり女の人3人組が目の前に来て








女子達
あの、あなたって、のんちゃんの

何なんですか、



私は口の動きを読むので精一杯だった、




女子達
あの、無視しないでくれます?
女子達
おい、なんか言えよ、





どんどん暴言を吐かれて、

周りからも当然視線が痛い、













声は出るはずなのに、恐怖で声が出ない、










どうしよう、私はほんとに何も出来ないんだ、

と思った瞬間、
















女子達は振り返って騒ぎ出しているように見える、




あなた
💭ほんとに、何が起こってるの、?









すると、みんなが私の前を開けて

私が1番会いたかった愛しい人が見えた、







小瀧 望
あなた!





名前を呼んでくれてるんだろうなって、

気づいた瞬間涙が溢れた、











小瀧 望
ごめん、遅なって💦‬

ほんとごめん、

もっと俺が気にしとけば・・・









口元が見えないと話がわからない

泣いている私を気づかって両手で

私の涙を拭き取りながら

ゆっくり話してくれた、











そして、私の手を握って少し高いところに立って、

望は言った。








小瀧 望
みんな、ほんとにごめんなさい。

俺はジャニーズ。

だけど一人の男でもある。

俺はこのあなたのことを愛してる。

これからもずっと。

本当は今日のライブで

発表する予定やったんけど、

ほんまに報告遅くなって申し訳ない。

そして、俺の彼女は

耳が聞こえません、

やから、今こんな状態に

なってしまったし、

ちょっと不自由な所もあるから

俺は一生かけてずっと

支えていきたいと思ってます。

どうかこれからもこんな俺、

いや、俺じゃなくてええから、

ジャニーズWESTを

応援して支えてください。

お願いします。




すると、さっきの女の子たちが来て、






女子達
本当にひどいこと言って

ごめんなさい。

これからものんちゃんの

ファンです!

2人でお幸せに!
小瀧 望
ありがとな、

ほらあなたも、
あなた
あ、り、がとう、
小瀧 望
声出たやん!
あなた
声出てるの、?
小瀧 望
でてる、ちゃんとあなたの声

聞こえてるで、
あなた
の、ぞ、む
小瀧 望
おう!(涙目)
あなた
好き!
小瀧 望
俺は愛してる。笑

ずっとずっと隣にいてや、















以上です!

リクエストほんとにありがとうございます!

通知を見てほんとに泣きそうでした、

少しずつ書いていいものを

お届け出来たらなと思います!

必ず出すのでもう少し待っててください!

ほんとにありがとうございます!

これからもどんどんリクエストお願いします!