無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

113
2019/12/30

第7話

乗り越しラブストーリー⑥


俺はあなたが初めての彼女やったから、女の子を家にあげたことはなかった



やからおかんもきっと嬉しかったんやろ(´<_` )







俺の昔のアルバムを見たり談笑したりして、あっという間に時間はすぎた



わたし
なぁ眠なってきた
照史
えっ(*゚ ゚*)┣¨キ
わたし
ちょ、照史のベットで寝ていい?
照史
お、おう
照史
(なんやねん)
照史
(なんか期待してもうたわ)
わたし
(´-﹃-`)Zz…
照史
寝るの早っ!!!!
わたし
スー(´-﹃-`)
照史
寝てる顔も可愛いなぁ
照史
でもせっかく来たんに寝るってなんやねん
照史
そうや、写真撮ったろ(*´罒`*)




パシャ【◎】д=)











パチッ👀




照史
うわっ
照史
起きてたん(´ヮ`;)
わたし
何撮ってんねん
わたし
やめてやぁ
わたし
せっかく人がぐっすり寝とったのに
照史
やって可愛かってんもん
わたし
♡(つ ・ω・)ω-*)ギュッ♡
照史
え、は、、
わたし
嫌なん?笑
照史
なわけないやろ(///_///)
____________________________________________________
照史
そんなんあったなぁ



あーあ


懐かしいなぁ











できるんやったら



















あの頃に戻りたい



なんてな、、