無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
102
2019/12/31

第8話

乗り越しラブストーリー⑦
プシュー🚃








あなた






まだ降りんとって、、










俺は後悔してんねん













あの日のことを







_____________________________________________________


高校3年生になった年の

肌寒くなってきた日のころ



お互い受験勉強ですれ違い気味やった






でも俺はきっと受験が終わったらまた元の関係に戻れるって

そう信じていた













なのに、、
_____________________________________________________



〜学校帰り〜



照史
なに?急に立ち止まって
わたし
照史
わたし
別れん?
照史
照史
なん、で、、、
わたし
今勉強忙しいやん?
わたし
うちら大学もちゃうわけやしさ
わたし
お互い別の道で楽しもうや
照史
いや、でも、、
わたし
照史にはもっとお似合いになる人がおる!
わたし
うちなんかより素敵な人いっぱいおるからさ!












じゃあなんでそんな涙目なん?










俺はお前しかおらんから付き合っとんねん









そう言わなあかんのに...






















あかんのに.......
照史
で、でも、、
照史
俺は、、
照史
.......
わたし
今まで
わたし
ほんまにありがとう
照史
ちょ、まってや
わたし
絶対大学落ちんなよ!
照史
まってって、
わたし
ほんならね!














俺は声を出して泣いた













過ぎ行く人たちは
俺を気に留めることもなく






















颯爽と歩いていった