無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

なぜ私はこうなってしまったのだろう…
あなた

毎日毎日トイレ掃除なんてやだぁぁぁぁ!

花子くん
花子くん
わがまま言わないっ!助手なんだから
あなた

助手だったらもっと『花子さん、今日の予定は…』とかそういうやつじゃないの〜?!

花子くん
花子くん
んー。俺そういうの嫌いなんだよね。
花子くん
花子くん
まぁまぁ、とりあえず、掃除。ね?
あなた

うん…(なんだろう…すごい不思議と体が動く…

1時間後…
あなた

終わったぁぁ…

花子くん
花子くん
えらいえらい!じゃあご褒美。
ちゅっ
あなた

!?!?///

花子くん
花子くん
元気が出るおまじない♡
花子くん
花子くん
なーんてねっ☆
あなた

ずるいよ…

花子くん
花子くん
これからも来てくれる?
あなた

!うん…

花子さんと話すとき、なぜかふわふわする。なんでも言う通りに体が動いてしまう。
あなた

ねぇ!花子さんっ!今度夏祭りに行かない?

花子くん
花子くん
え!いいの!?でも…外には出られないんだ。だから…俺の力でつくった夏祭りに行こう!
あなた

そんなことできるの!?

花子くん
花子くん
うん!だから楽しみにしといてね♡あなたちゃんの浴衣姿楽しみにしてる♡
あなた

うん…!