無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

あなた

怖いな…

ゆい
ゆい
大丈夫!こういうのは出てこないから!
コン。コン。コン。
花子さん、花子さん、いらっしゃいますか?
ギィィィィィィ…
あなた

ひっ…

ゆい
ゆい
…ほら、なにも出てこなかったでしょ?
あなた

うん…

ゆい
ゆい
ごめんね、付き合わせちゃって。帰ろ〜
花子くん
花子くん
ねぇ…
あなた

えっ…

ゆい
ゆい
なにしてるの?早く帰ろ〜
あなた

ゆいちゃんには見えてないの…?

ゆい
ゆい
なに言ってるの?帰るよ〜
あなた

…先に帰ってて!忘れ物しちゃった!

ゆい
ゆい
分かった!また明日ね☺︎
花子くん
花子くん
お~い
あなた

!はいっ!

花子くん
花子くん
な~に?呼び出しちゃって〜
あなた

あっ、あなたは?!なんで女子トイレに!?なんで透けてるの!?どうして浮いてるの?!

花子くん
花子くん
まぁまぁ…
花子くん
花子くん
俺は怪異さ。
七不思議が7番目。トイレの花子さん。
あなた

なっ、なに言ってるの!?だっ、だって花子さんは女の子でしょ?!

花子くん
花子くん
質問が多いなぁ〜
花子くん
花子くん
まぁ…で、願い事は?
あなた

願い事!?(ほんとに叶えてくれるんだ…

花子くん
花子くん
あ、それよりまず名前!名前教えてよ!
あなた

え…私はあなた。

花子くん
花子くん
あなた!かわいい名前じゃん!
あなた

そっ、そうかな…///

花子くん
花子くん
んで?なに?願い事って。
あなた

それは…決まってない。

花子くん
花子くん
な〜んだぁ。まぁいっか☺︎
花子くん
花子くん
はやく帰りなよ!
あなた

え、あ、うん。