無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

次の日
ゆい
ゆい
おっはよ〜あなたちゃん!
あなた

おはよう、ゆい。

ゆい
ゆい
忘れ物は見つかった?
あなた

あ…うん!見つかったよ!

ゆい
ゆい
良かったね〜、それより昨日なにも出なくて良かったねっ♡
あなた

そうだね…(私は見たけど…

授業中…
花子くん
花子くん
あなたちゃん♡
あなた

え!花子さん!?

ジロジロ…みんなの視線が集まる。
あなた

なーんて☆夢だったみたい☺︎

あなた

((ほっ…他のみんなには見えてないのか。

花子くん
花子くん
それよりさぁ〜放課後旧校舎に来てよ。いいことしてあげる♡
あなた

え…なに…?

花子くん
花子くん
それはきてからのお楽しみ〜♡
あなた

ぅぅ…分かった。

放課後…
ゆい
ゆい
あなたちゃん!一緒に帰ろ〜♡
あなた

いいy...((花子さんとの約束があったんだった…

あなた

ごめん!今日は部活の当番なの!

ゆい
ゆい
あなたちゃん、園芸部だよね?なにか当番でもあったっけ…
あなた

とっ、とりあえず、その他にも用事あるから…ごめんね!

ゆい
ゆい
分かった…
旧校舎にて
あなた

花子さん…?

花子くん
花子くん
は〜ぁ〜い。
あなた

うぎゃっ!

花子くん
花子くん
驚かしちゃった〜?ごめんね〜
あなた

びっくりしたよ!ほんと…それより、いいことって?

花子くん
花子くん
教えてほしい〜?♡じゃあちょぉっと目つむっててね☺︎
あなた

う、うん…((なんだろう…

花子くん
花子くん
できた!目開けていいよ!
あなた

え…?

花子くん
花子くん
あなたちゃんと俺は縁で結ばれた。よってあなたちゃんは俺の助手にっ!
あなた

???

花子くん
花子くん
分かんないかぁ〜。とりあえず俺の助手ってこと!縁が結ばれたから俺にも触れられるよ☺︎
あなた

ほんとに…?

ぎゅっ
花子くん
花子くん
ほらね♡
あなた

っ…!((なになになに急に!

花子くん
花子くん
これからは俺の助手。だから毎日旧校舎に来ること!
あなた

ぇぇ〜…嫌だなぁ…

花子くん
花子くん
大丈夫!俺はそこらへんの男より優しいから!
あなた

そういう問題じゃ…

花子くん
花子くん
とりあえず!明日から俺のところにくること!いいね?
あなた

はい…

こうして私は花子くんの助手となったのであった。