第28話

店員「お待たせいたしました。エッグベネディクトとパンケーキになります」


"〜になります"ってなんだよ
なに?これエッグベネディクトじゃないの?
これからエッグベネディクトに変身するの?
"〜です"だろ

といつも通り心の中で店員さんに突っ込んでいたら

私の前にパンケーキ、廉の前にエッグベネディクトが置かれた

待って。笑い止まんない


店員「ごゆっくり」


店員さんが去っていってちょっとしてから

恥ずかしさのあまり顔が真っ赤になっている廉と私のお皿をそっと交換する

笑いを噛み殺す私と真っ赤になった顔のまま俯いている廉

周りのお客さんたちに注目されそうだから


『まぁ…食べよ?廉』


廉「…恥ずいって。だるいわマジで」


『そんなこと気にしてんと食べようや』


結局パンケーキを食べ終わるまで「うまいけどマジだるい」「あー恥ずいってマジで」「だっる。うまいけど」と言い続けていた


『美味しいことは美味しいんや』


廉「そりゃな。うまいで。食う?」


『絶対わざと言ってるやろ』


廉「ハハハッ(笑)バナナのとこいるか?」


『…二度と口聞いてやらんからな』


廉「え、それは無理。ごめん」


『…無理』


廉「ちょお〜マジだるいって」


3日は口聞いてやらん←