第38話

振付師デビュー
「今日仕事終わったら本社に来て」


そう滝沢くんに言われて

やってきましたジャニーズ事務所

え、マジ怖いんだけど

私なんかやらかした…?


コンコン


『失礼しま…す…』


「え!かぐちゃん!?」


「あれ?なんで?」


『え…どういうこと…?』


目の前には滝沢くんとSixTONESがいて

プチパニックの私に滝沢くんが話し出した


滝沢「神楽ちゃん」


『はいっ!?』


滝沢「神楽ちゃんにSixTONESのデビュー曲の振り付けをしてもらおうと思って呼び出したんだけど…」


え?

私が?

SixTONESのデビュー曲の振り付け?


滝沢「いいかな?」


『え…SixTONESのみんなが…いいなら』


樹「当たり前じゃん。ね?」


森本「いや逆に俺らがいいの?っていうか」


高地「俺ら的にはお願いしたいけど…」


滝沢「ってことなんだけどいいかな?」


『はい。お願いします!』


京本「よろしくね」


デビュー曲って一生歌い続ける上に

振り付けってすごい大事な部分だから

引き受けたからには最高のものにしないといけない

…がんばります


_______________

私SixTONESの皆さんの喋り方の特徴全然わからないんですよ

それぞれに特徴とかあったら教えていただけると嬉しいです