第49話

樹「俺の彼女連れてきた!!」


all「「「え?」」」


『彼女じゃないから!』



楽屋に入った途端にボケる樹くんをガン無視して抱き着いてくるきょも。

振り付けを担当したことがきっかけで、前から仲良かった樹くんだけでなく、SixTONES全員と仲良くなった。



樹「おいきょも!」


京本「久しぶりかぐー」


『久しぶりきょも』


ジェシー「HAHAHA!樹フラれてるじゃん!」


松村「いつもじゃん」



「そんなことない!!」と叫ぶ樹くん



森本「かぐ仕事は?」


『あるけど、今は空き時間』


高地「そっか。
なんかごめん。せっかくの空き時間に」



『ううん、大丈夫。会いたかったし
あと、直接言いたかったからさ』



『デビューおめでとう』


そう言うと、嬉しそうに笑う6人。





『だから、抱き着かないでって!』


樹「いいじゃんか、俺とかぐの仲じゃん」


『いやだ』


樹「いやだってなに!」



すると、グイッと後ろから引き寄せられた。



松村「樹なんかほっといて、俺と一緒にいよかぐ」


樹「俺なんか!?」


『北斗くん…』


樹「俺のかぐがっ…! 」


ジェシー「 HAHAHAHA!! 」