第37話

『ぐーじんぐーじ』


「なにそのあだ名(笑)」


『ぐーじくんって言おうしたんだけどなんとなく』


平野「かぐテンション高くない?」


『これが俗に言う深夜テンションっていうやつよ』


岸「なるほどぉ」


玄樹「ぷー」


「んー?」


玄樹「好きだよ」


「俺も好きだよ」


海人「イチャイチャはお2人の時にどうぞー」


『まじリア充爆発しろ』


「やめなさい(笑)」


玄樹「かぐちゃんのことも好きだよ」


『アハ♡(笑)』


廉「お前マジきもいて」


『廉。一回お空行ってこい』


平野「ハハハッ(笑)」


「ねぇ、かぐなに食べてんの」


『ん?たまご』


廉「お前それ今食うもんか?(笑)」


『お腹すいたから』


平野「ぬれおかきたべなって」


海人「なんでそんなにぬれおかきばっかなの(笑)」



やっぱりさ

俺ってすげーいい人たちに恵まれたよな

10年後も20年後も

100年後も

ずっと

この7人でいられますように