第7話

👘
1,576
2023/04/09 03:14
あなた
えと、、


私の手を握りどこかへ連れていく春千代



廊下を歩くなり、遊女のものや
客が物珍しそうにこちらを見ている





遊女
「新入りの子かしら。」

遊女
「まぁ、随分とべっぴんさんやな!」

客
「次はあの子と酒を飲んでみたいなぁ」






私は人から向けられる目線が大嫌いだ。


全ての目が私に冷たく
向けられているような気がして怖い。



春千代
ここがお前の部屋だ。


そう言って連れてこられたのは

綺麗に整理された個室の部屋


あなた
ありがとうございます……ッ


しばらく春千代は私を見つめる


あなた
……ッ//
なんでこの人ずっと私の事見てるの……ッ


春千代
お前さ、、人馴れしてねぇよな


あなた
……、……人は苦手で……ッ


春千代
ふーん、、じゃあその
性格変えてやらなきゃだな

と言いながら私の顎をクイっと持つ


あなた
へ、、、?//


春千代
その初々しい反応めっぽう可愛いな笑



春千代
気に入った



あなた
……?


何を言ってるのか全く分からないが

、とりあえず従えばいいか……ッ((
春千代
年はいくつだ?


あなた
18……


春千代
まだまだヒヨっコやな


ひよこ?!私がか弱いってこと……?!



あなた
ひよっこじゃありません……ッ!
少し食い気味に不貞腐れながら吐き捨てる

春千代
生意気なとこも、かわえぇな


なんだコイツ、全然意味わからん(


あなた
……(引


春千代
まぁ今日から修行して
花魁目指して頑張れよ
あなた
はい……


春千代
部屋にいるわらび姫に色々聞け

あなた
わらび姫……?


後ろを見ると、誰もいなかった
部屋に豪華な衣装をまとった女が1人こちらを見ていた



春千代
あと、お前なら花魁も夢じゃないぞ


そう吐き捨て背を向け、どこかに向かっていった春千代


あなた
はぁ、、


私は部屋に入り、鋭い目で見つめる女に近づく


その近くには、幼い女の子が2人


わらび姫
まぁ、新人さんかい

あなた
あなたの下の名前です、お願いします


わらび姫
可愛ええ、凄く美人ねぇ……


その目



私が大嫌いな目つき







見ていてイライラする
でも今はこのわらび姫とやらに
怪しまれないようしなければ
あなた
ありがとうございます……ニコ

あなた
まだ此処に来たばかりなので、お手柔らかに


わらび姫
ふふ、なんでも教えてあげる


どうやら、わらび姫に敵意は向けられていないみたいだ


わらび姫
私ね、美しい物が大好きなの……!
わらび姫
貴方ほんとに美しいわ……


わらび姫
大切に育ててあげるから……ね?


その狂気じみた笑顔に私は背筋に緊張が走った


あなた
ありがとうございます ニコ
でも、わらび姫からは鬼の気配はしない


ただ怖い女の人ってだけ……?((



わらび姫
貴方随分と
楼主に気にいられているのね

あなた
まぁ、はい……?
あれって気にいられてるで合ってるのかな(


わらび姫
良かったじゃない ニコ
わらび姫
ここの楼主は日替わりで変わるの
わらび姫
さっきの方は、その中でもNo.2の方よ

あなた
なるほど……
さっきの方も怪しかったけど……
わらび姫
ここに来てすぐ私の部屋に来るなんて
今まで1回もなかったのよ?


わらび姫
あなた相当期待されてるわね


あなた
……はは……ッ……
やばい、こんな褒め倒されると反応に……ッ


わらび姫
ただ人馴れしてないのね(デジャブ
わらび姫
もっと、輝けるわ

わらび姫
まだ、今は……ニコ


あなた
?



この人やっぱり不気味って感じ
月姫
月姫
♡・☆ 待ってます!
遊郭って難しい(?

プリ小説オーディオドラマ