第18話

記憶
1,028
2020/10/28 20:54
及川side
ウィンターカップ予選前
合宿をすることになった
場所は梟谷
あなたの通う稲荷崎も来る
楽しみだな〜
あなたが車に轢かれたことは聞かされた
それからあなたと連絡がつかない
目が覚めたことは知っているけど、その時スマホが壊れたのかな?
まず、あなたはバレー部のマネージャーなのかな?
なるべくマネージャーじゃないで欲しいな…
そして、梟谷到着
稲荷崎はもういた
あなただ、やっぱりマネージャーやってたんだ…
「あなた!」
あなた『ビクッ』
何かがおかしい
「あなた?」
あなた『……』
あなたはだんまりとしている
侑に何か吹き込まれたのかな?
「あなた、俺だよ?及川さん。」
顔を見して欲しくて肩を掴もうとした時
あなた『だ、誰ですか…?!』
「は?」
何を言ってるのかわからなかった
「俺だよ?及川さん、あなたの彼氏の」
あなた『彼氏?私の彼氏は宮侑ですよ?』
どういうことか分からない
洗脳?
その時
侑「あなた、その人はあなたのストーカーやったんやで?」
あなた『ストーカー…?』
「お前、あなたに何吹き込んだの?」
侑「いや?ただほんまのこと話しただけやで?」
「何言ってっ!!」
岩泉「及川、抑えろ」
「岩ちゃん…!」
岩泉「あなた、俺の事も覚えてないか?」
あなた『コク』
岩泉「そっか…」




「もしかして…記憶喪失…?」
松川「その可能性もあるよね」
花巻「事故ったんだろ?その可能性も無いわけないもんなー」
岩泉「そしてアイツが嘘を吹き込んだんだ」
治「嘘っちゅーか元に戻しただけやない?」
「は?あなたは俺を選んだんだよ?君達は何を見てたの?あなた怯えてたじゃん。ずっと」
角名「あの怯え方可愛いよね」
岩泉「狂ってやがる」
治「なんとでも言えや」
角名「俺達の獲物だもん」
あなた、絶対に思い出させるからね
今は無理でも、この合宿で絶対に思い出させる
誤解を解くために__
















あなたside
ストーカーさんにあった時
一瞬胸が痛かった
ぽっかり空いた穴が騒いだ
あの人は一体、どういう存在なの?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝におはようございます
それではバイバイ(ヾ(´・ω・`)