無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

33話
海人目線






その後、僕はあなたと一緒に病院に行った
海人
海人
あなた、あなた(泣)



僕は、ずっと泣いていた





けど、あなたの様子は一切変わらず、
血まみれのまま、寝ていた…



そして、あなたは緊急手術をすることになった




そして、僕はみんなに連絡した






そしたら、みんなはすぐに来て僕に聞いた
ここは
ここは
あなたは?!あなたは、今どこ?!
海人
海人
えっ?心葉?
ここは
ここは
そうだよ、あなたは?
海人
海人
今は、手術中
紫耀
紫耀
手術中って、あなたは、何があったんだよ!?
海人
海人
あなたは…あなたは…(泣)
玄樹
玄樹
海人…
優太
優太
ゆっくりでいいよ大丈夫
じん
じん
あなたは、大丈夫だから
海人
海人
なんで?なんでじんは大丈夫なんて言えるの?
海人
海人
あなたは、事故にあったの、それも、、猛スピードで迫ってきたトラックと
廉
っ…
海人
海人
それで、僕が見つけて駆け寄った時には、もうあなたの意識はなかった
海人
海人
それに血まみれだった
廉
じゃあ、もしかしてその海人の服が赤くなってるのって、あなたの血なんか?
ここは
ここは
えっ?!
海人
海人
そうだよ、廉の言う通りあなたを起こした時に着いた血だよ…
紫耀
紫耀
チッ、なんだよそれ
ガラガラ
海人
海人
あっ!!先生あなたは?
病院の先生
病院の先生
あなたさんの命に別状はありません
玄樹
玄樹
ふぅ〜よかったよあなた
病院の先生
病院の先生
ただ、今は麻酔の効果で寝ています。
近くにいてあげてください。
優太
優太
はい。
病院の先生
病院の先生
そして、あなたさんが起きたらもう一度詳しい検査を行います。
病院の先生
病院の先生
なので、今の段階では致命傷があるのかどうかも分からないので、とれやいず今は近くにいてあげてください。
じん
じん
はい。分かりました。ありがとうございます。
病院の先生
病院の先生
あなたさんは、◻️◻️◻️号室です。
病院の先生
病院の先生
では、失礼します。





ここは
ここは
あなたのとこ行こ?
玄樹
玄樹
うん、そうだね
海人
海人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者のアカリ
作者のアカリ
更新が遅くなりすみませんでした。
作者のアカリ
作者のアカリ
ちょっと今、家庭内で問題がありまして…
(ガチです)
作者のアカリ
作者のアカリ
あっ、でも暴力とかではないんで安心してください。
作者のアカリ
作者のアカリ
ということで、更新が遅くなるかもしれないですが、よろしくお願いします。