無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

50話
次の日

朝の7時
ピーンポーン
You
You
はや!もう来た!
ガチャ
You
You
おはよー!
じん
じん
朝早くからごめんね〜
You
You
ううん!起きてたし大丈夫だよ
海人
海人
荷物どれぐらいある?
You
You
えーとね、これぐらい
優太
優太
え?これだけ?
紫耀
紫耀
少なくない?
You
You
でも、あとは、机とかだからそれは後で配達業者さんに頼む
You
You
まぁ、結構もの捨てたのもあるかな
廉
へ〜、もの捨てたんや
玄樹
玄樹
まぁ、シェアハウスにも、家電とかは普通にあるから、なんでも使っていいよ
You
You
ホント!?やった!
紫耀
紫耀
じゃあこの荷物持っていくよ?
You
You
あっ、紫耀いいよ。重たいから。
紫耀
紫耀
そんなに重くないよ?
You
You
だけ…
紫耀
紫耀
はい!行こー
海人
海人
出発ー!
You
You
て、歩きだったの?
じん
じん
うん。そこまで遠くないからね
You
You
そうだったんだ
シェアハウスは、そこから1キロほど、
歩いたか歩いていない所にあった。
You
You
ここ?
You
You
(ここなわけないよね?)
玄樹
玄樹
ピンポン正解!ここだよー!
You
You
え?本当に?
You
You
デカ!めっちゃ家でかいじゃん!
優太
優太
だよね!
俺も来た時同じ反応だった…はず
廉
やー、岸くんは、もっと
紫耀
紫耀
そうそう、もっとなんかうるさかったし
じん
じん
あなたとは、だいぶかけ離れてると思うけど
You
You
笑笑
優太
優太
かけ離れてるって…(இдஇ`。)
You
You
あらあら泣いちゃった
海人
海人
なんか、あなたのお母さん感が凄い!
You
You
( ˙꒳˙ )マヂカヨ
紫耀
紫耀
濡れおかき食べてたい。
廉
じゃあ、早く家入ろうや
You
You
うん!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家に入り…
You
You
うわ〜!中も本当に広いね!
You
You
素敵なお家!キレイに片付いてるし
海人
海人
Σ(=o=;)ギク!!
You
You
あれ?
You
You
みんなの部屋も片付いてるの?
じん
じん
いっつも片付いけてはいるよ?
海人
海人
Σ(=o=;)ギク!!
You
You
あー!海ちゃんの部屋見たいな〜
海人
海人
こ、今度ね
You
You
今見たいな
海人
海人
今は〜、ちょっと〜
海人
海人
それよりさ!あなたは、どこの部屋にするの?
玄樹
玄樹
まぁ、強制的にあなたは、海人の横決定ね
海人
海人
えぇっ!?
廉
仕方ないんやない?
うちの間取りちょっと独特やし、部屋そこしか空いてないし
海人
海人
バレちゃうよボソッ
You
You
じゃあ、海ちゃんよろしくね!
海人
海人
う、うん!
(嬉しいんだけど、片付けとけば良かったよ〜)
紫耀
紫耀
これで、海人のマーキング癖なくなるといいけどねコソッ
優太
優太
そうだね〜コソッ
You
You
じゃあ、海ちゃん後で部屋紹介よろしく!
海人
海人
え?僕の部屋!?
You
You
違う違う、私の部屋の場所紹介
海人
海人
あ〜、それなら任せて!
You
You
よろしくお願いします!
海人
海人
頑張ります!