無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第74話

57話
You
You
とれやいず、手洗って、布団はどうしようもないな…
You
You
走って手洗い行こ
私は、1階で…
You
You
おはよー!
You
You
バタヾ(⌒(ノシ >ω<)ノシバタ
玄樹
玄樹
え?あなた?何してるの?
じん
じん
さぁ?めっちゃ走ってたけど
You
You
はぁ、しみそうだな
You
You
仕方ないか
手を洗った結果、案の定傷口に水や、石鹸がしみて痛かった。
でも、それより、私は無意識でこんな事をしていた事の方が怖く、痛みをあまり感じなかった
You
You
はぁ
そして、また走って部屋に戻った
玄樹
玄樹
え!?また走ってったよ!?
じん
じん
うん。何してるんだろ?
部屋
You
You
うーん、どうしよう
You
You
まぁ、長袖着て隠すか
幸い、今は1月長袖きてても変には思われない
作者のアカリ
作者のアカリ
海ちゃんの誕生日の事は、本当に番外編としてください。
作者のアカリ
作者のアカリ
日にちがズレました
じん
じん
あなた〜、ご飯食べないの〜?
You
You
あっ、ごめん!今行くー!
You
You
よし、行くか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が下に降りると、もう全員席に座っていた
You
You
ごめん、遅くなった
海人
海人
ううん〜全然大丈夫だよー!
じん
じん
じゃあ、いただきます
みんな
みんな
いただきます
ご飯を食べ終わり
みんな
みんな
ごちそうさまでした
玄樹
玄樹
最近寒いね〜
You
You
そうだね〜
そんなこんなで、また夜になった。
作者のアカリ
作者のアカリ
ごめんなさい。昼は思いつきませんでした。
作者のアカリ
作者のアカリ
あと、今は冬休みという事にしてください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜中私は、また部屋に1人で居た
You
You
あと、3ヶ月    あと、3ヶ月…
You
You
もう生きてるも、生きてないのも一緒
You
You
ん?今は生きてるのか?
You
You
あれ?死んでるのか?
You
You
死んだらどうなるんだろ
You
You
みんなは悲しむ?
You
You
もしかして、こんな病気の人が居なくなって喜ぶ?
You
You
めっちゃ喜んだりするのかな
You
You
私は、死んだらどうなるんだろ
You
You
天国に行く?それとも地獄?
You
You
てか、いっその事、病気で苦しんで死ぬより、自分から死んだ方が楽なんじゃ…
You
You
今は1月
You
You
あと3ヶ月
You
You
てことは、死ぬのは4月
You
You
でも、きっと私に春は来ない
You
You
もう、死のうかな…
You
You
血  血  血…
そして私はまた、カッターを取り出した
その頃隣の部屋では…
海人
海人
ん〜?またあなた喋ってる〜?
海人
海人
何言ってんの〜?
海人は、壁に耳をあてあなたが何を言ってるのか聞いてみた
すると…
You
You
いっその事、自分から死んだ方が楽なんじゃ…
You
You
あと、3ヶ月
You
You
もう、死のうかな…
海人
海人
え!?ちょ、ちょっと行かなきゃ!
そして、すぐさま部屋を飛び出し、あなたの部屋に入った
するとそこには…