無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第113話

96話
午後3時







ガラガラ…
紫耀
紫耀
なんだ、寝てるじゃん
玄樹
玄樹
うん、手繋いでね‪w



5人が来ると、

あなたと海人は、

手を繋いで、ぐっすり寝ていた。







だけど、絶対に嫉妬は、出来ない、

すっごい、可愛いカップルだった。
廉
何か、ふわふわオーラが見えん?
優太
優太
分かる、何かすんごい可愛い






︎︎
You
You
(・・。)ん?あっ、もう3時?
じん
じん
あ、ごめん、起こしちゃたね
You
You
ううん、全然
You
You
もう起きれないかと、思ってたから
みんな
みんな
………
玄樹
玄樹
あなた、海人にどんな事話したの?
You
You
別れよ?って
じん
じん
えっ、何で今!?
You
You
海ちゃんにちゃんと、幸せになってほしいから
廉
海人なら、やだって言ったんやない?
You
You
うん‪w‪w
You
You
でもね、話はついたよ
紫耀
紫耀
ついたんだ?
You
You
うん、私が死んだのと同時に別れる。
玄樹
玄樹
あなたは、それでいいの?
You
You
もちろん、私が出した答えなんだから
You
You
死ぬ事が決まっている私に、海ちゃんを幸せにする事は、出来ないから
優太
優太
まぁ、俺達に2人で決めた事に口を出す権限は無いから、2人とも納得いったなら、それでいいと思う
You
You
ありがとう
You
You
う〜ん…
じん
じん
どうした?
You
You
ちょっと話しがしたいんだけど、
海ちゃんが起きない事にはな〜…
廉
起こせば?
You
You
仕方ないか〜
You
You
海ちゃん、海ちゃん!起きて!
海人
海人
ん〜…
You
You
海ちゃん!起きて!
海人
海人
うぅ〜…
紫耀
紫耀
海人!起きろ!
海人
海人
はい!?
You
You
ちょっとお話ししたい事があるから、廉以外外行ってて
廉
え?俺?
海人
海人
何で廉…?
You
You
別にそういう事じゃないから!‪w
海人
海人
ぁ、そっか‪w
玄樹
玄樹
じゃあ٩(・ω・)วlet's go!





















































































5人が部屋から出ていくと…





You
You
あのね、お願いしたい事があって…
廉
おん?
You
You
もしこの先、海ちゃんが私の事を忘れてないようだったら…
You
You
____________して?
廉
なるほどな
廉
でも、それ俺でいいん?
You
You
うん、
廉なら上手くやってくれそうだし
廉
分かった、任せとけ!
廉
で、海人の事祝ったん?
You
You
それがさ〜、分かってはいるんだけど、タイミングが掴めなくて
廉
じゃあ、俺達でそのタイミング作るわ!
You
You
マジで!?ありがとう!
廉
よし、じゃあ皆呼ぶで!
You
You
うん!