無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第102話

85話




私は部屋に行き、必要最低限の物を揃え始めた
You
You
スマホは、行く時に入れるとして、スマホの充電器は、入れとかないと
You
You
後は、下着?
You
You
そうだ!後、あれ持たないと!
そう言って、机の引き出しからある物を取り出して、バックの中に入れた









そして私は、下に行くと、キッチンに行った
You
You
えーと、牛乳と、卵と、パンケーキミックス
そう、岸くんが食べたがってた…のかな?
パンケーキを作ろうと思っています!

































1時間後、パンケーキ作りが終わった



時刻は、午前11時
You
You
よしそろそろ、行くか
You
You
これがこの家を出る、最後になるのかな〜
You
You
なんかやだな
You
You
ずっとここに居たい
You
You
ここにいた時間は、確かにそう長い物じゃないけど、色々な事があったな〜













そう、本当にいろんな事
それこそ、海ちゃんと付き合えた
でも、私がちょっとおかしくなっちゃった事もあった
You
You
あの部屋には、絶望したな〜
You
You
マジで真っ赤でびっくりしたwww
ホント今なら、もう笑い事だけどね?
それに海ちゃんと付き合った後に、皆から告白されるっていうねw
まぁ、最近の事だけど
でも皆がどう思ってるのかも聞けたし、嬉しかったな
You
You
あっ、そうだ!
心葉の引越しもだ
あれは、正しい選択出来たと思う
でもやっぱり心葉は、いい人だよね
それに、笑えたし!
まぁ、本当に色んな事があったね
いい事も、悪い事も
でも何より、楽しかった
すっごく楽しかった!
よし、行こう





大きな深呼吸をして、荷物を持った
そして…








You
You
ありがとうございました!
家に向かって、お辞儀をして、思い出を頭の中で思い浮かべた










付き合った事


おかしくなった事


何故か告白された事


皆の意見を盗聴した事


よく見透かされていた事


相談に乗ってもらった事


6人を朝から起こした事


皆でご飯を食べた事


皆で登下校した事




小さな事から、大きな事まで色々







そして靴を履いた
You
You
もう1回、来れるかな?
ガチャ
You
You
行ってきます!
そして、家を出た





外に出て家を見上げると、今の今まで居た場所なのに、何故か凄く名残惜しく感じた







そして、病院に向かった