無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話
半年前
あの時私は、何だか体に違和感を覚えた。
でも私は、大丈夫だろ?と思ってそのままほっといてしまった。
今思えば、あの時病院に行っていれば何とかなってたのかもな〜なんて思う。
そんなこと考えたってもう遅いんだよね。













You
You
んっ?はぁーもう朝か?起きるか。
You
You
なんだ?(なんかいつもと違う気がする)
( )の中は、気持ちや行動です。


You
You
まぁいっか。
You
You
おはよ!お母さん
お母さん
お母さん
あら、おはよう。
あなた
お母さん
お母さん
いつもより起きるの遅いわね?
You
You
え?(時計を見る)
やばい、もうこんな時間じゃん
You
You
いってきまーす!



学校
You
You
はぁーはァーあー疲れた
廉
おーあなた
今日は、遅かったな?
You
You
うんまぁね
廉
寝坊か?
You
You
まぁそんな所
廉
珍しいなあなたが
海人
海人
え?あなた遅刻?
めずらしー
You
You
うん起きてびっくりした笑
海人
海人
笑笑
You
You
もうチャイムなるじゃん座ろ?
廉
おん