無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

2話
それから2ヶ月後、、
学校
You
You
うっ、、(なんか心臓が痛い)
何これ
じん
じん
どうした?あなた
You
You
じん?大丈夫だよ
You
You
(やばい、めまいしてきた、痛い)
You
You
うっ、
じん
じん
いや、大丈夫じゃないだろあなた
ちょっと保健室行くか?
You
You
う、ん
You
You
でも一人で行く
じん
じん
分かった。
行ってきな?
You
You
うん
You
You
(教室から出ていく)
You
You
やばい、めまいが
You
You
フラッ
You
You
バタッ(倒れた)
じん
じん
うーんやっぱり心配だな〜。
ちょっと様子見に行くか
じん
じん
(教室を出ようとする)
玄樹
玄樹
じーん!
じん
じん
あっ!玄樹!
玄樹
玄樹
どうしたのじん?
じん
じん
いや、なんかさっきあなたが具合悪そうで、保健室行ったんだけど
心配だから様子見に行こうかな〜と思って
玄樹
玄樹
なるほどね、あなた心配だね。
僕も行っていい?
じん
じん
もちろん。一緒に行こ?
玄樹
玄樹
うん。じゃあ行こ。