無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

34話
海人目線








僕達は、あなたのいる◻️◻️◻️号室に向かった。






そこは、一人用の部屋で少し事の大きさが分かったような気がした。
紫耀
紫耀
一人用の部屋なんだね
海人
海人
優太
優太
そうだね
ここは
ここは
じゃあ入るよ?
コンコン



ガチャ




僕は、あなたの居る部屋に入れなかった。






そして、そのまま1人で外のベンチで座って、こう言っていた…
海人
海人
僕のせいだ、あの時あなたを呼び止めていればこんな事にはならなかった
海人
海人
それに、もっと急いであなたの所に行ってたら僕が守れたかもしれないのに…
海人
海人
僕が、僕があなたを事故にあわせてしまったんだ
海人
海人
あなたに、会えないよ…







廉目線




俺達は、みんなであなたの居る部屋に行った。




その部屋は、一人用の部屋であなたが本当に大丈夫か、凄く心配になった。










そして、海人の事も…
















海人は、自分責めてるんじゃないかと
少し、心配だった…
ここは
ここは
じゃあ、入るよ?
コンコン

ガチャ
みんなが入っていった。
そして、俺も入ろうと思った時俺は海人が居ないことにきずいた。
廉
えっ?海人?ボソッ
そして、俺は海人を探しに行った










あなたのいる部屋の階を探し、





1階も探した







でも、海人はいなくて、
最後に外を見てみたそしたら…



















泣きながら、自分を責めていた海人がいた
海人
海人
あの時、僕が…
海人
海人
あなたに、どんな顔して会えばいいんだよ
海人
海人
僕はのせいだ…
廉
海人!!
海人
海人
えっ?!廉?
廉
海人お前今、自分のこと責めてたやろ?
海人
海人
うん…だって僕があの時呼び止め…
廉
海人!
廉
お前のせいじゃない。
これは、海人のせいじゃないから
海人
海人
グスッ、本当に?
廉
そうや、これは仕方がなかった事なんや。
運だったんや
海人
海人
それでも…
廉
そしたら、これが海人のせいになるんやったら、俺だって紫耀だって心葉だって、みんなのせいになってまう
海人
海人
なんで?グスッ
廉
だって、俺だってあなたを呼び止めなかった。
廉
でも、どっちにしろ、もう起こったことは元に戻せへん。笑顔で、あなたのそばにいる事が大切なんやないか?
廉
違うか?
海人
海人
うん。そうだね
海人
海人
分かった!僕あなたがすぐ元気になるように、笑顔で、そばにいてあげなきゃね!
廉
そうや。分かったならあなたの部屋行こか?
海人
海人
うん!