無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

6話
ごめんなさい飛ばします。












病院
病院の先生
病院の先生
よし、今日は詳しく検査していきます。
You
You
はい分かりました。
病院の先生
病院の先生
まず最初に、今日昨日のような心臓の痛さはありましたか?
You
You
昨日ほど痛くはないんですが、
少しだけ痛くはなりました
病院の先生
病院の先生
そうですか。
病院の先生
病院の先生
では、これから検査を始めます。
病院の先生
病院の先生
血液検査から行います。
You
You
はい。分かりました。
また、飛ばします。
















検査が終わり
病院の先生
病院の先生
はい。終わりました。
病院の先生
病院の先生
結果なんですがお母さんを呼んできてもらえますか?
You
You
あっ、はい分かりました。
You
You
私は聞かない方がいいですか?
病院の先生
病院の先生
え〜では、途中から呼びますので、読んだら入ってきてください。
You
You
分かりました。
お母さん
お母さん
(コンコン)
病院の先生
病院の先生
はい。どうぞ。
お母さん
お母さん
えーとあなたは?
病院の先生
病院の先生
あの、お子さんなんですが
病院の先生
病院の先生




























がんです。
お母さん
お母さん
えっ?
お母さん
お母さん
そんな・・・
お母さん
お母さん
ちなみにレベルは?
病院の先生
病院の先生
レベル4です。
お母さん
お母さん
そん、な
病院の先生
病院の先生
それで、言いにくいのですが
病院の先生
病院の先生
あの、
































余命1年です。
お母さん
お母さん
えっ???
お母さん
お母さん
(泣)
病院の先生
病院の先生
それでお子さんには、ガンのことは秘密にしておいて、余命だけを伝えるのはどうでしょうか?
お母さん
お母さん
はい。それでいいです。
病院の先生
病院の先生
では、呼びますね。
病院の先生
病院の先生
水野さーん