無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第72話

55話
じん
じん
ん?あれ?朝だ
じん
じん
あっ、海人の誕生日会してたんだ…けど片付いてる
じん
じん
それにあなたも居ないから、あなたが片付けてくれたんだろうな
じん
じん
後でお礼しないと
玄樹
玄樹
ん…じん?
じん
じん
あっ、玄樹
じん
じん
ごめん起こしちゃった?
玄樹
玄樹
ううん、大丈夫
玄樹
玄樹
綺麗に片付いてる
じん
じん
あなただよ
玄樹
玄樹
そっか
それから、数時間後…
You
You
おはよー!ごめんめっちゃ寝てた
じん
じん
ううん、全然大丈夫だよ
廉
それより、片付けてくれてありがとな
You
You
ううん、全然!
You
You
みんな、寝ちゃってたもんね
海人
海人
お腹いっぱいになって眠たくなって、寝ちゃった
You
You
そっか!
You
You
じゃあ今日はどこ行くー?
玄樹
玄樹
どこでもいいよー
You
You
じゃあ遊園地行こうよ!
紫耀
紫耀
いいよー!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、私達は、シェアハウスをしてからよりいっそう出かけることが増えて、学校では心葉も一緒に楽しんでいた。
そんな事が1ヶ月続いたある日のこと…





















私は夜中どうも寝れなくて、部屋に1人で考え事をしていた。
You
You
あと、何ヶ月だろう…