無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第99話

82話
その事をドアの前で聞いてたあなたは…
You
You
私もだよ、もっと一緒に居たいな
You
You
ごめんね、私がこんなんだから
You
You
(私も怖いよ、信じたくないし)
You
You
(でもこれが現実なんだって気づいたし、もちろん未来を変える事なんて出来ないから)
You
You
(だから…)
You
You
(私は、残りの人生を楽しむよ)
You
You
(もしかしたら、あと数日かもしれないし、それ以前に数時間だって有り得る)
You
You
(桜は見れないかもしれないけど、ここで下向きになっても、いい事はないから)
You
You
(上を向いて、一歩一歩進んで行こう)
You
You
(自分の為に、皆の為に…)
You
You
(海ちゃんの為に。)































そう1人で「涙」を流しながら、思っていた。


































でもこの涙は、悲しみの涙じゃない。


下を向いて泣いた訳じゃない。

























もちろん、悔しさはあった。


でも、この涙は、きっと皆の気持ちを聞けたから。


皆がああやって思っていてくれた事が嬉しかったから。


だから、上を向いて泣いた。


嬉しみの涙を…