無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第117話

100話
次の日
ここは
ここは
すいません、あなたが看護師さんに、「もう渡していいです」って伝えてって言われて…
看護師
あっ、もしかしてあなたが例の女の子!
ここは
ここは
例の?
看護師
あなたちゃんが、よく幼なじみの大切な友達が居るって言っててね
看護師
笑顔でお別れできて、良かったって話もしてたわよ
ここは
ここは
(*´꒳`*)そうだったんですね
ここは
ここは
で、その渡すってのは?
看護師
あっ、今お部屋にお邪魔してもいいかしら?
ここは
ここは
はい?結構人数居ますけど
看護師
幼なじみの方達でしょ?丁度いいわ
ここは
ここは
はい?













そして、部屋に行って、

看護師さんが、ベットの横の引き出しから、

“1つのノート”と、

沢山の、“手紙”を出した。









紫耀
紫耀
これって…?
看護師
あなたちゃんから、
あなた達へのメッセージだそうよ
廉
そんな…こんなにいつ書いてたんやろ…
看護師
あっ、君ちょっと来て
廉
僕ですか?
看護師
うん








廊下


看護師
これ、あなたちゃんから、預かってて
看護師
多分、話しは聞いてると思うけど
廉
あっ、分かりました
廉
でも何で僕だって分かったんですか?
看護師
関西弁の人って聞いてて
看護師
見た目はめっちゃクールだ、ってね‪w
廉
‪w‪wあなたらしい
廉
ありがとうございました
看護師
じゃあ、私は戻るわね
廉
はい














そして、部屋に戻ると、

全員が泣いていた。





何でか聞く前に、

手紙のせいだなと悟った。





俺も、読んでみることにした。


















廉へ


廉には、本当にお世話になる事が多かったと思う。

最初に好きって言ってくれたのも、廉だったね!

あの時は、嬉しかったけど、正直、頭がパンクしそうでした‪w‪w

小さい頃から、ずっとクールで、一見怖そうだけど、すっごく頼りになって、カッコイイ廉。

だけどちょっと、お茶目な面もあって、そういう所、本当に好きだよ!



私は、こうやって死んでしまって、急に未来が無くなって、やっぱり、「何で私が?」 「何で私なの?」って心底思う。

そうやって思ったからこそ、皆には幸せになってほしいし、皆には、人を笑顔にする力があるから、私の代わりに、将来ぜひ世界の、こうやって私みたいに落ち込んでる人や、辛い人を笑顔にしてあげてほしい。

私は、ずっと見守ってるから、いつかまた、廉が辛くなった時や、悲しくなった時は、私を思い出して、呼んでみて?

今度は、私が皆のことを笑顔にしてあげるからね!

じゃあね、またいつか。




あなたより
廉
任せとけって!グスッあなた















紫耀へ

紫耀は、本当にぬれおかきが好きだね〜

私には、そこまで美味しさが分かりません。

だけど、ぬれおかきと聞く度に、紫耀の事を思い出す‪w‪w

紫耀は、自分が思ってるより、天然で、おっちょこちょいで、ドジだし、筋肉つきすぎ!

紫耀には、本当によく笑わされたな〜‪w



紫耀は、一見天然に見えて、(天然だけど)実は1番周りをよく見てると思う。

だから、そんないい所を活かして、私の代わりに、世界中の人々を笑顔にしてください。

ずっと見守ってるからね!

じゃあね、紫耀。



あなたより


















優太へ

優太は、本当にバカ!
オールマイティーバカ‪w‪w

でも、私はそんな優太が好きだよ!

いっつも場を和ましてくれて、すっごい優しくて、人に気を仕えて。

私には無い事を、沢山持ってる。

優太は、本当にバカみたいだけど、実際凄いリーダーシップがあって、皆をまとめられる。

優太は、人を簡単に笑顔にしちゃうから、その勢いで、世界中の人を笑顔にしちゃってください!

いきなり、死ぬって告げられて、1年。

もうちょっと早く病院に行ってれば…とか

皆にも早く相談しとけば…とか、今になって後悔してる。

でも、あの時岸くんが、私の自殺を止めてくれなかったら、もっと後悔して、死んでたと思う。

ありがとう!

じゃあ幸せになってよ!

じゃあまた!


あなたより










じんへ

じんは、本当に賢いよね!

玄樹とすっごい仲良くて、羨ましかったな‪w

じんは、陰でいつも支えてくれて、すぐに何かに気づく。

時には、本当にエスパーなんじゃないかって、疑いました‪w‪w

でもそれって、本当にすっごい事だよね!

普通の人には出来ないよ。

だから、これからも皆を支えてあげてね!

でも、じんも時には前に出て、先頭をきる事も大切だよ!

私に出来なかった、世界中の人々を笑顔にするのを、代わりに叶えてください。

ずっと、ずっと羨みながら、見守ってます‪w‪w

本当に羨ましい〜!!

また今度!


あなたより








玄樹へ

玄樹は、本当に可愛すぎる!

いつ見ても、常に可愛くて、癒されてました。

玄樹は、細かい事に気づくのが得意だよね!

お陰様で、隠してた事も、よくじんと玄樹のおかげでバレました。

なんていうか、そこの2人がくっ付くと、本当に最強だなって思う。

絶対に隠し事出来ないな〜って‪w‪w


玄樹は、その唯一無二な可愛さで、世界中の人を、癒して笑顔にしてください!

私を笑顔にする時みたいにね!

でも、無理のし過ぎは体に毒だよ?

てことで、愛しの玄樹へ!

まったね〜!


あなたより

























心葉へ

まず、心葉には、沢山、沢山迷惑をお掛けしました。

申し訳ございませんでした。

そして、ありがとうございました。

ま、てな感じで、多々迷惑をおかけしました。

まぁ1番は、海ちゃんの件についてかなって思ってるけど、やっぱり好きな人が被るのは辛いよね。

でも、心葉は自分だって辛いだろうに、いつも私を間違った道から、正しい道へ戻してくれる。

そのおかげで、私は後悔が少なく死ねたんだと思う。

って言っても、後悔が無いなんて、全くの嘘で、もっと長く生きてたいって思うんだ。

でもそれも叶わない話で、だから心葉にはその力を活かして、この男子共を支えてあげてほしい。

誰かが、間違った道を歩みそうになったら、それを戻してあげて!

時には、私の名前を出してもいいよ!なんてね‪w‪w

まぁ、またいつか会おうね!




あなたより
























海ちゃんへ

海ちゃん、こんな私の彼氏になってくれて、本当にありがとうございました。

私、ずっと皆は、遠い存在だって思ってた。

手が全く届かないな〜って

皆はいつも輝いてて、私なんか釣り合わないなって思ってた。

私が、狂っちゃって、大変だった時も、海ちゃんは私に救いの手を差し伸べてくれて、それに頼ってもいいのかな?なんて考えてたら、海ちゃんは私の手を掴んでくれた。

私を救ってくれた。

海ちゃん、別れた後にこんな事言うのもなんだけど、本当に本当に大好きだよ。

海ちゃんは、一生私の王子様です。


一見、何かふわふわしてて、何も考えてなさそうなのに、本当は、すっごい色々考えててくれて、気にしてくれて、頼りになって、凄い人なのを私は知ってるよ。

海ちゃんがどう思ってるかは分からないけど、海ちゃんと結婚してみたかったな〜なんて思ってる‪w

海ちゃんには、この先長い未来がある。

だから、私の事は、気にしないでいいからね。

世界中の人々を心の底から笑える人にしてあげてください。

ずっと、ずっと見守ってる。

海ちゃんが私の事を忘れても

辛くなったら、私を思い出してみて。

そしたら、きっと私が助けに行ってあげるから。


また、きっとどこかで






あなたより




















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者のアカリ
作者のアカリ
こんにちは!作者のアカリです!
作者のアカリ
作者のアカリ
多分次で完結です。
作者のアカリ
作者のアカリ
本当は、100話で終わらせたかったんですけど…‪w
作者のアカリ
作者のアカリ
てことで、最後までよろしくお願いします!