無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第121話

番外編
これは、6人が、

ジャニーズになるまでの話。




















































それは、俺達が、

春休みに渋谷へ行った時だった。



















海人
海人
人多いねぇ〜
玄樹
玄樹
うん、わざわざここまで来なくても
良かったよね‪w
優太
優太
だって109行ってみたかったんだもん!
優太
優太
それにさ、全員で来ると思ってなかったし‪w
じん
じん
まぁ、俺もちょっと行ってみたかったし?
廉
何か誘われたし、暇だし
紫耀
紫耀
ツンデレ〜
廉
ツンデレじゃないわ!
海人
海人
本当は、来たかったんじゃないの〜?‪
廉
そんな事ないわ!
ジャニーさん
You達、ジャニーズにならないか?
玄樹
玄樹
えっ…と、誰ですか?
ジャニーさん
僕は、ジャニー喜多川。
ジャニーさん
ジャニーズ事務所の社長だ
優太
優太
しゃ、社長!?
ジャニーさん
You達なら、売れると思うんだがな
紫耀
紫耀
う・れ・る…???
ジャニーさん
大丈夫!大丈夫!
Youなら何とかなるって!
廉
えっ?
ジャニーさん
よし!じゃあ決定だ!












































































































そして、この後、

親の了承も得て、

ジャニーズになった。











そして、この数年後、

この6人でデビューする事となった。
























































デビューの少し前…











ジャニーさん
今日You達を呼んだのは、
You達のマネージャーの事だ。
ジャニーさん
入ってきてくれ〜
ここは
ここは
失礼します。
ここは
ここは
藤 心葉です。よろしくお願いし…
はぁ!?
じん
じん
なっ!?心葉!?
ジャニーさん
おぉ!知り合いだったのかい?
ジャニーさん
そりゃあ良かった
ここは
ここは
King&Princeって、あんた達なの!?
海人
海人
いや、マネージャーって心葉なの!?
玄樹
玄樹
まさか、こうして揃っちゃうとはね〜
廉
ま、実際の所、1人足りないけどな
優太
優太
きっと常に見てくれてるって
紫耀
紫耀
だな!
ジャニーさん
じゃ、You達、
これから頑張ってくれよ!
みんな
みんな
はい!もちろんです!




















こうして、アイドルとなったのでしたとさ!