無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第103話

86話
病院に着くと、すぐに部屋に案内された
その部屋は、個室で、案外綺麗な部屋だった
トイレも、お風呂も別だし、洗面台もあるし、なんていうか、病室というより、ホテルに近かった
You
You
さて、何しようかな
少し部屋が暑かったので、窓を開けようとして、目に入ったのは…
You
You
これ………桜…かな
You
You
もうつぼみになってる
You
You
見れるかな、この桜
それから、バックの中身を引き出しに入れたりして、1時間が経ったものの…
You
You
暇すぎる
You
You
そうだ、散歩しに行こうかな
そして私は、看護師さんに、許可を得て、外に行った




















そこの病院は、そこそこ広い病院で、外に、庭園があった


だから見てるだけでも、凄く楽しめた
You
You
凄いキレイ
You
You
あっ、この木
You
You
てことは、あそこが私の部屋か
You
You
おっきな木…
You
You
何年生きてるんだろう?
その木は、根も太く、幹も立派な木だった。







別に言われた訳じゃないけど、何となく、お年寄りのおじいさんなんじゃないかな〜と思った

















その時












































まるで、その木が喋ってるかのように、強い風が吹いた。






You
You
えっ?
でもだからといって、本当に声が聞こえる訳がなかった











































でも私には、勘違いかもしれないけど、木が喋ってるように見えた









なんて言ってるかは分からなかったけど、











きっと、この木は生きてるんだと思う。
看護師
あなたちゃーん!
You
You
はい!?
看護師
全然戻って来ないから、様子見に来ちゃった!
You
You
え!?そんなに長い間外に居ました!?
看護師
もう1時間は、経つわよ?
You
You
1時間!?
You
You
てっきりまだ10分ぐらいかと…
看護師
まぁ、息抜き出来たなら良かった
看護師
そういえば、この木、大っきいわよね
You
You
はい、凄く
看護師
この木桜の木なんだけど、咲いたら凄く綺麗よ
看護師
あなたちゃんの部屋から、この木見えるでしょ?
You
You
はい
看護師
見ようね、桜
You
You
………
You
You
……見れたら……いいな……
看護師
ね!
看護師
よし!戻ろ!
看護師
もう4時だよ
You
You
あっ、はい
You
You
(やばい、皆来てるかも)
You
You
(あっ、でも家でパンケーキ食べてるかな?)
そうして戻ると…






























優太
優太
パク(*゚~゚*)モグ モグ
何故か、病院でパンケーキを食べてた