第50話

50🥀
69
2023/05/21 11:16















ジミンさんの背中に腕を回して抱きしめ返す
(なまえ)
あなた
大丈夫ですか?
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
大丈夫じゃない、、、かな。笑




震えている声が

私の胸に響いて締め付ける




_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
今から少し話せる、、、?
(なまえ)
あなた
はい、大丈夫ですよ




私の腕を優しく引っ張ってジミンさんは動き始めた


_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
ちょっと抜けるね



ジミンさんはいつもの笑顔でそうみんなに伝えた




オッパだけが私のことを不安そうに見つめていた








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








ジミンside.







屋上のベンチに二人で腰掛けた
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
僕さ、、、、あのね、、、あの、、、
(なまえ)
あなた
ゆっくりでいいですよ



そうやって優しい言葉、声で、話してるところも、、、、。
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
僕、あなたにずっと伝えたかった事があって
(なまえ)
あなた
はい、。
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
いつからなのか、わから、、、ないんだけど



緊張で、声が震えるし


手汗もやばい。。。。




伝えるのがゆっくりになっても

これだけは伝えなくちゃ、


伝えなければならないから、




_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
僕はあなたが、、、あなたが、、、ッ



温かい手で僕の背中をさすってくれるけど

今そんな優しさは僕にはいらないんだよ



_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
あなたが大好きだよっ
(なまえ)
あなた
ッッ....!//
(なまえ)
あなた
本当ですか?//
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
嘘つくわけないじゃん
(なまえ)
あなた
でm.....
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
分かってる、分かってるよ
見てればわかるよ気づいてるよ。。。言われなくても
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
その言葉は今あなたの口からは聞きたくないから
今だけ、、、この時間だけ言わないでっ

泣き顔なんて見せたくなかった


でも、勝手に出でくるんだ

涙が





せっかく押さえてあげてるのになんで無理やり出てくるんだよ
(なまえ)
あなた
ありがとうございます、、!
私も、、、、その、ジミンさんが大好きです
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
駄目だよッグス
それは本当に好きな人に言ってあげないと
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
だから、 それはジョングカに言ってあげな!
(なまえ)
あなた
ごめんなさい、、、でもジミンさんのことは本当に好きですよ
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
ありがと、、、
先に戻っておいて、後から行くから
(なまえ)
あなた
わかりました、!
_JIMIN@ジミン_
JIMIN(ジミン)
じゃあね
(なまえ)
あなた
はい!!





こんなに悲しい告白はあるもんなんだな

好きになり始めたのがいつからなのかとか





























覚えてるに決まってるじゃん








NEXT.
















_____________________🌙


もう50話ですね

いや、まだ50話かよってね✨





100話ぐらいは書きたいな〜なんて思ってましたけど

長いですね😅




ここまでずっと読んでくれているかたほんっっっとうにいつもありがとうございます!!!




プリ小説オーディオドラマ