無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

970
2021/02/19

第5話

#3
あなた『ただいま〜!』



ありゃ?お母さんらしき人が私の顔見て固まっちゃったぞ?



「あなた、貴方正気…?」



あなた『はいッ!至って正気です!』



「あなたが敬語使うとキモいわ…」



あなた『実は私、あなただけどあなたじゃないんですよね〜w』



「ゑ?」



どういう事があったのか話した



「そんな事があったのね…」



あなた『はい…』



「まぁ…信じないけどッ!」



あなた『工エエェェ(´д`)ェェエエ工』



あなた『いや…普通、ここは信じますよね!』



「じゃあその術式(?)を見せてよ!」



あなた『はい!分かりました!』



あなた『私の手に触れてみてください』



「?ええ、分かったわ」



「え!?触れない!?」



あなた『はい』



あなた『コレが無下限術式です!』



「(´Д`)ハァ…もう、こんな事されたら信じるしかなくなるじゃないの!」



あなた『え?は?すみません?』



「いや、謝らなくてもいいけど…」



あなた『という事でこれからよろしくお願いします(*^^*)』



私はこれから楽しくなりそうだなぁ何て呑気な事を考えていた。



この後、何があるかも知らずに…