前の話
一覧へ
次の話

第1話

初めに。
204
2018/12/13 11:58
失礼します、
俺は今、美術室に足を運んでいた。
朱雀高校に入学した俺は、


中学校まで続けていた


美術部に入ることを決めていた。
入学二日目に、


担任の先生に美術部に入ることを伝えると、
穏やかではない口ぶりで、俺にこう伝えた。
担任の先生が言っていたことをまとめると、


こんなふうだった。
1.この学校の美術部は廃部寸前であること

2.美術部には女子生徒が一人いるだけだと言うこと

3.美術部に入った人は半年以内に退部してしまうこと
を伝えてくれた。
それを聞いた俺は、別になんの驚きもなかった。
中学の時の美術部でもそんなような感じだった。美術部には三学年合わせても5人しかいなかった。
さして人数が少ない学校では無かったが、
部長がスパルタに部活の日数を増やしすぎて、
辞めていく人が続出した。
ここの部長は、それ以上のスパルタなのだろうか。
それとも、人が少なすぎて入る人がいないだけか?
いや、先生のあの話だと入る人は居るような口ぶりではあった。
俺は比較的に人が沢山いるところは好きではなかった。
まわりに人が集まるような人間性もないし、
人に戯れて自分を見失いたくはなかった。
部員が一人だろうが二人だろうがさして変わりはしないだろう。
それよりも、廃部の危機ってところが問題だ。
入ったところで廃部になりました。じゃめんどくさいしな。
まぁ今更、今から考えてもどうにもならない。
一度部長の女子生徒に会わなくては何もならない。
そうして俺は、
俺の教室の北校舎とは反対側の南校舎。
第二美術室に向かうのであった。

プリ小説オーディオドラマ