第12話

69
2021/11/21 13:10
地球が回ってた時代は終わって
朝は永遠に失われた

僕は止まって歩き出せないまま
街をぼんやり名が円ていた
この夜がいいっつもでも開けないから
僕は君をこんな折に砥愛爾込めている
君の声しか光がないから

月の代わりキミを歌わせてる

いりりりりR明日もそばにいてくれるかい
たとえ僕が夜におぼれたとしても
りりりり君は真昼のような

澄んだ声で希望を歌ってくれるかい

季節が巡ってたじだいほあ終わって
貼るんモ夏も飽きも永遠に失われた
僕は壊れたことに築かないまま
君をこうして苦しめT目多々

この夜がいつまでも開けないから
奥の施行は冷めることは無し

君の声しか救いがないから

星の代わりキミを歌わせてる

いりっりりR明日も守ってくれるかい
僕の足を引きずり込む暗闇いから
りりR君の真昼のような

すんだ声が僕は本当に好きだよ


りりりりR4どうか許して遅れ
僕はッと国夜に飲まれてしまって
りぃLりりR君の幸せなんて
願ってたあの頃に戻れないんだ
りりぃりりぃどうして手を伸ばして

坊久野保保なんてなでているの
開けない夜はないとお歌う君は
ぼくをでていったしずくをぬぐって
貴方を忘れないよとそういった

プリ小説オーディオドラマ