無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

おやすみ
朝起きても    



テヒョンがくるいつもの時間になっても



テヒョンはあらわれなかった





こんなの、初めてだ……
下に降りて朝ごはんを食べようとすると



頭が以上にふらついて



オッパにぶつかってしまった
ジンオッパ
ジンオッパ
や、あなた……
ジンオッパ
ジンオッパ
って危ないじゃん……
You
You
オッパ……ごめん……
ジンオッパ
ジンオッパ
風邪かな……1回部屋に行こう
ジンオッパ
ジンオッパ
食欲は?吐き気は?
You
You
どっちもありません……寝かせて……
ジンオッパ
ジンオッパ
ゆっくり休んでね、オッパ今日は家にいるから
You
You
ありがとう……








テヒョンがもう



話してくれない



いつもヨンジェちゃんと話して笑ってる



ちむが心配して声をかけてくれて



でも私は泣いていて






それを見てヨンジェちゃんが




笑った夢を見た






You
You
夢じゃない、のかもね……
ジンオッパ
ジンオッパ
あなたどうして泣いてるの!?
ジンオッパ
ジンオッパ
オッパがそんなに嫌だった!?
You
You
今何時……
ジンオッパ
ジンオッパ
夕方5時だけど……
You
You
オッパが嫌なわけじゃないよ
ジンオッパ
ジンオッパ
元気……?
You
You
うん、もう大丈夫……
You
You
あ、てかさ
You
You
なんでここにいるの
ジンオッパ
ジンオッパ
あなた生きてるかな……って
You
You
なんで風邪で死ぬのwww




オッパありがとう。






ちょっと元気でたかも