無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

コンビニ
歩いていると、



後ろから足音がした。



この辺はコンビニがあるけど



人通りは少ない





ヤバい……かも?



フラグ立てちゃったからかな……
突然走ったら捕まる絶対……


ゆっくり、刺激を与えないように歩こう、


大丈夫大丈夫。
それでも足音は消えなかった。




…………どうしたらいいかな




もうすぐコンビニがある。



そこに行けば大丈夫、
やっと明かりが見えて、コンビニに入る。
You
You
💭なんなの……
とりあえずトイレの後、



雑誌を手に取り読むふりをして外を見てみると















誰かがコンビニの向こうの電信柱でスマホをいじっていた。
You
You
💭あの人ではないのかな……?




するとやっぱりその人は、こちらを見ていた。






You
You
💭ヤバいのかも私……